CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
妻有郷 純米酒 津南醸造
0

    10月21日

     

     酒蔵見学をして、醸される中での一番の辛口を買ってきた。玄人好みの味で、米の味が強く出ている。常温よりぬる燗、ぬる燗より熱燗、最終的には熱燗で飲むのが最高に美味しかった。フワッとした飲み口になり辛さが綺麗に出てきていた。温度による日本酒の不思議。

     

     ぐい飲みは津南醸造さんに頂いたもの。

    | 新潟・日本酒 | 07:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
    越後維新 湯沢本店さんへ 湯沢町
    0

       10月21日

       

       維新さんに寄る。2回目の利用にして、今回はつけ麺とした。この店はつけ麺と通常のラーメンとで入口を違えている特異な店。でも内部で繋がっている(笑)。

       

       量は違えど値段は同じ。素晴らしいサービス。並を選んだのだが、スタッフにより中盛にしていただいた。さらに足らなかったら言ってねとも。スープも温めなおしをしてくれ、なにせここの女性スタッフの動きや客対応を見ているだけでも利用してよかったと思える。流れるような連携が見え、多くの客に対応している。慣れなんだろうけど、スタッフの使われている的な部分が無く、個々のやる気が見えてくる。そしてしっかり声が出ている。たかがラーメンだが、されどと思わされる。

       

       麺は冷たいものにしてもらった。のどごしが良く太麺が美味い。スープも具沢山でチャーシューやしなちくがしっかり入り、旨味の強いスープとなっていた。途中でビネガーを添加し、最後はだし割りを加えてスープを楽しむ。つけ麺も一時のブームを過ぎたと思っていたが、ここではまだまだ最前線にいた。そして美味しかった。

      | 新潟・ラーメン | 07:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
      津南醸造さんで酒蔵見学 津南町
      0

        10月21日

         

         創立から21年、まだ新しい酒蔵。

         

         近代的な造り。酒蔵と言うより工場な雰囲気。

         

         タンクの場所も使い勝手がいい作りになっている。

         

         たくさんの賞を貰っているよう。

         

         試飲も出来るのだが、運転があるので・・・。 

         

         超軟水の伏流水より醸されているとのこと。

         

         

        | 新潟・観光 | 06:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
        秋山郷を漕ぐ 栄村
        0

           10月21日

           

           

           珍しく高峰の場所へ行く。

           

           100名山

           

           しかしこちらは、こいつらのせいで時速500m。くくりを用意したのだが、持たずに出発してしまい、気づいた時は100mほど登ってしまっていた。取りに戻ればよかった。

           

           何とか届く

          | 新潟・山 | 06:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
          五橋 純米生原酒 白糀96 酒井酒造
          0

            10月16日

             

             昨日は朝方10℃を下回り、それに反応してたら鍋とした。となるともう日本酒の季節である。そしてこれを選択。以前「黒」は飲んだので、今度は白麹。

             

             非常に華やか。含んだ時の広がりが大吟醸のような感じもある。そして酸味。この酸味が白麹独特と言う事らしいが、たしかに他と差異を出している特異性はこの酸味であろう。ヤバいほどにグビグビ飲めてしまう。甘さも相応にあり女性にも好まれるだろう。

             

             

            | 山口・日本酒 | 05:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
            オランダからLANDが届く
            0

               10月14日

               

               ケイランドのLAND、国内で買おうと思うと29K円ほどとなる。しかし海外から買うと、輸送費用も加味しても国内価格の半額で求めることが出来る。使えるものは使おう。そして急ぐものではない時は安さを優先。

               

               注文からちょうど20日。オランダから荷物が届く。

               

               長い間、アディダスのヌバック皮のものを履いていたのだが、伊豆の旅行でソールが剥がれてしまった。かなりハードに履いたが20年以上履けていた。物持ちがいいのか・・・(笑)。でも張り直しが効かなかったので廃棄になった。そして新調。以降はこれを使う。またまたヌバック皮(笑)。なぜって、履くほどに足に馴染んでくるから。

               

               ビブラムのこのパターン。次に剥がれたら、貼りなおせる。

               

               ケイランドはルーマニアに工場を持っているよう。以前に2足持っていたケイランド品も同じルーマニア製と書かれていた。

               

               

               

               

              | その他 | 17:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
              萬年家さんへ 塩尻市
              0

                10月14日

                 

                 19号の最高の立地で営業している。広い駐車場を有し、トラッカーまでもが守備範囲の場所。海鮮屋さんとラーメン屋さんとが営業している場所。こんな場所ではどんなラーメンを提供しているのかと気になっていた。

                 

                 昼時、当然だがトラックのドライバーが多く見られた。券売機でメニューを選ぶシステム。チャーシューメン(900円)を選ぶ。山で動いてきた後は、塩分摂取と肉の摂取を考えている。

                 

                 麺が太いのと、作りが丁寧なのだろう、15分ほど待って出てきた。やや濃いスープで若者向け。横浜系なのでこれはしょうがない。キャベツとほうれん草が入りアクセントになっている。チャーシューは柔らかくなってはいるが型崩れしない仕様。これが結構に量が多い。肉の量が多いためか、麺の量が少し少ないような印象を受けた。普通に美味しいラーメンであった。

                 

                 目の前で大きな骨付き肉をずんどうに入れる場面が見られた。仕込み風景を見ることはあまりなくなっているが、ここでは営業時間にも見られる。

                 

                 

                 

                | 長野・ラーメン | 08:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
                木曽谷の藪山へ 上松町
                0

                   10月14日

                   

                   朝から雨、そのうちに止むだろうと思っていたが、結局降り続いた。

                   

                   コウヤマキの自生する山塊に入る。

                   

                   そして大きな切り株の多い場所。檜や杉が、長年経っても腐らないのが見える。あちこちに散見できる。

                   

                   あまり降らないだろうと、バイク用の雨具を持ってきていた。しっかり降られ通気性が悪いので濡れて冷えて寒い事・・・。その分、下山しての温泉が心地よかった。こっちが引っ込むと、あっちが立つ。

                   

                   

                   

                  | 長野・山 | 07:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  acrobat pen入手
                  0

                     密かに人気の、このペンを入手する。

                     

                    | その他 | 04:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    葛山城址へ 長野市
                    0

                       10月9日

                       

                       堀切が多い。段丘になっており城址としての形をよく残している場所であった。

                       

                       よく整備され居心地のいい場所になっている。

                       

                       城址解説

                       

                       飯綱山側

                       

                       長野市街側。城らしい展望のいい場所。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      | 長野・観光 | 17:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      アーバンクルーザー500を仕事靴に
                      0

                         10月8日

                         

                         ビジネスシューズがへたってきたので、これを新調する。これまでローファーで秋田の山に登ったり、大阪の低山を巡ったり、シカゴも歩き回った。その酷使が影響で疲れたのは間違いなく。今度は仕事の体裁より歩く事を考慮してこれを選ぶ。

                         

                         見た目は平地向きでビジネスにもそん色はないだろう。

                         

                         以前はイタリアで作られていたらしいが、中国となっている。

                         

                         本革なのでグリースを塗ってから拭きをして磨き上げた。泥濘地も行けるかも(笑)。

                         

                         なんと言ってもビブラムのこのパターン。岩壁をもスーツで登れる(大笑)。これで出張先で動きが良くなること間違いない。アイゼンを付けて雪の中も・・・。

                         

                        | その他 | 18:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
                        清六家直系富意家さんへ 高崎市
                        0

                           10月8日

                           

                           17号の沿いのこの場所に富意家さんが5月より出店した。あのみどりも在った場所で、これまでどれほどのラーメン店が入れ替わった事か。場所が悪いのか判らないが長く続かない場所。よって、ここで長く続いたら本物。初入店する。そして結構にぎわっていた。券売機で購入し、微調整は口頭で申し出るシステム。極み鶏(850円)とあっさり中華蕎麦(750円)と餃子(250円)と選ぶ。

                           

                           あっさりから。麺は極細で歯ごたえが良く食感がいい。スープはあっさりと言うよりまろやか。反面、しなちくが濃い味になっている。ホウレンソウの混入量が適量で、麺に絡ませながら食べるとさらに食感と味が良くなる。アクセントだろうウズラの卵まで入っている。手間がかかろうに・・・。

                           

                           極み鶏は、なんと言ってもスープが絶品。いくら飲んでもまだレンゲが進む感じで嵌る味に仕上がっている。麺は太麺で、見える通りガーリックチープが美味みとなり、食感をよくしている。これにはレモンが付いてくる。ユズは困るが、レモンはかなりいい。同じかんきつ類でここまでも違うのかと目から鱗。このスープにはレモンが合う。完成された一杯。

                           

                           一見普通の餃子だが、皮が美味い。食んだ瞬間に美味しいと感じさせてくれる。餃子だけを食べに入ってもいいほどに自己主張しているメニューであった。

                           

                           

                          | 群馬・ラーメン | 18:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
                          上等カレー本町4丁目店さんへふたたび 大阪市中央区
                          0

                            10月6日

                             

                             飲みあけの〆にカレー。カウンターに座り、この日は店長と歓談しながらいただく。寡黙かと思ったら、話すといたって普通。カレーにはカツと、この時はカツカレーとした。

                             

                             大阪にはカレーやが多い。カレー文化があるよう。金沢カレーに慣れていると少しビターさが欲しくなるが、各地の特徴、各店の特徴があっていいだろう。甘さ側がここまで出ているのは初体験。これが大阪の特徴とも聞いた。

                             

                             

                            | 大阪・食 | 06:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
                            たこ焼き酒場 たこ太 本町店さんへ  大阪市中央区本町
                            0

                               10月6日

                               

                               仕事の全てを終えたのが21:30。朝の時点では、早くに終わったら道頓堀へと思っていたが、雨ともなり全てに元気が無くなってしまった。それでも大阪に来たからにはタコ焼きと、この居酒屋に入る。

                               

                               店内はサラリーマンや女性グループで賑わっていた。気楽に飲める居酒屋風なところが受けているよう。小さい店ながらスタッフ数も多い。そこからも賑わう様子が見える。

                               

                               焼き物の他に生ものも頼んでみたが、いい食材を提供していた。ビールをクリーミーな泡にして注いでくれる。そして配膳が速い。

                               

                               そしてたこ焼き。大きなタコが入っている。“あっちぃ!!”なんて言いながら・・・。

                               

                               

                              | 大阪・食 | 06:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
                              TRATTORIA ZUPPA さんへ 大阪市中央区心斎橋筋
                              0

                                 10月5日

                                 

                                 大阪に出向いたら、ご挨拶せずには帰れないご夫妻が居る。今回もまた忙しい二人に合流させていただく。そしてまたお店を紹介していただき、美人なママを紹介していただき、そして美味しい料理の数々をいただく。

                                 

                                 日頃はコンビニのプラスチックフォークを持つのが関の山の私、いつもになく背筋を伸ばしていただく(笑)。パンに乗せたパテが濃厚でかつジューシー。

                                 

                                 鱧のフライ。刃物は週に一度は研いでいるが鱧は本当に久しぶり。忘れていた食感と味を蘇る。フワフワ。

                                 

                                 これが出され、一番気を抜いていたトマトが一番美味しかった。その美味しさにビックリ。もちろん料理としての総合バランスは美味しいのは言うまでは無いが、素材選択もいい。

                                 

                                 日頃使わない味蕾を使った感じ。料理がお酒を呼び、お酒が料理を盛り立てる。

                                 

                                 忘備録(笑)。ママのフットワーク、頭の回転に、大阪で長らく商売をしている人の本当を見ている感じ。客の一を聞いて十を理解して料理を提供し、そしてそれが齟齬がなく客側が求めたものとなっている。一挙手一投足が勉強させられる。そして当然の話芸がある。客と会話が弾むってのも、ここでは必須であろう。

                                 

                                 

                                | 大阪・食 | 06:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
                                上等カレー本町4丁目店さんへ 大阪市中央区
                                0

                                  10月4日

                                   

                                   この日は健康的にカレーとする。寡黙で実直そうな店主が出迎え、気持ちいい店内。

                                   

                                   白を基調としたカレーやらしい店内だが、壁に見えるそれらは店長の好みが入っているよう。

                                   

                                   チーズ入りミンチカツカレーをいただく。生たまごのトッピングは大阪ならではだそうだ。どうやって食べればいいのか最初は戸惑ったが、かけるとマイルドになる。マイルドになるのがいいのか悪いのかは、まあここも好みであろう。卵を入れない方がエッジが立っている感じがした。辛さと甘さの両方が表現されているカレー。

                                  | 大阪・食 | 05:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
                                  居酒屋つくしさんへ 大阪市中央区
                                  0

                                     10月3日

                                     

                                     秋の恒例の出張初日。知覧地鶏をいただく。炭焼きやアヒージョを堪能。シャモ系なのか、炭焼きなどは肉の旨味が感じられた。しっかり歯応えもある。鶏主体ではあるが、熊本の馬刺しもあったりする。駅に隣接しているのでサラリーマンで大賑わい。そしてみんな賑やか。

                                     

                                     

                                    | 大阪・食 | 05:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
                                    Forever Young
                                    0

                                       竹原さんはどんどん声が太くなっている(いい意味で)。そのうちマイクは要らなくなるような・・・。竹原さんは吉野さん(イースタンユース)とも交流がある。そこになにか通じるものを感じる。歌い伝える力・・・。

                                      | | 04:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
                                      米鶴 純米生酒 米鶴酒造
                                      0

                                         9月25日

                                         

                                         山形のお酒。カテゴリーから追うと、このサーバーになってから山形の日本酒は初めての登場。もう何種類も紹介したような気がするが、全て運営が終わり消え去ってしまっている。そんなことはどうでもいいこととして、振り返らず生きよう(笑)。

                                         

                                         とってもフルーティー。吟醸酒のような風合いがあり華やか過ぎるくらい。落ち着いた和食に対し自己主張があるお酒かも。でもしんみりするより華やいだ酒の方が飲んでいて楽しい。飲みやすくツルツル(鶴・鶴)と飲めてしまう。若者受けがいいかも。

                                        | 山形・日本酒 | 04:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
                                        沢に滑って登り沢に滑って下る 魚沼市
                                        0

                                          9月30日

                                           

                                           沢登り開始。ここには1尺5寸ほどのイワナが見られた。その大きさにびっくり。

                                           

                                           樋を詰めてゆく

                                           

                                           滑るは滑るは、一歩たりとも気が抜けずに酷く疲れる。

                                           

                                           なんとか登頂。沢は明るかったが、山頂は展望なし。

                                           

                                           ここの帰りは滑落でドボン。そのために水が淀んでいる。

                                          | 新潟・山 | 08:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
                                          | 1/38PAGES | >>