CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
アローカナ誕生
0

     4月30日

     

     新調したものを設置後21日目。見事誕生。

     

     羽が渇いた頃に育雛箱に移す。ひこよ電球の温かさに守られ眠っている。

     

     外気温がまだ温かくない中で始めたのでどうかと思いましたが、他にも割れだしているのもあり、もう1日ほど静観。

     

     転卵が自動なのは楽。湿度管理だけすればいいのはかなり省力になっている。

     

    | 愛玩動物 | 04:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
    追試 合格!! 本丸牙城陥落 魚沼市
    0

       4月29日

       

       鉄壁の守りのようなこの城壁を攻める。頭を使え!! 体を使え!! 全神経を集中させろ!! 狙うは中央の、右の右の高み。

       

       これで1600m以上。さすがの等高線の密の場所は、雪が乗るものの落ちるのも速い。稜線は既に藪尾根であまり雪を伝えなかった。

       

       赤い場所が前回の到達点。当日も大変そうに見えたが、この残雪期も通過は大変だろう。

       

       山頂に到達すると、ここまでの大きなクラックが見られた。縦横3mほどある。50人くらいが中で幕営できるだろう。

       

       平ヶ岳とヤキソバパン。下界ではヤキソバパンブーム到来。高みでは粛々と古来からの技法で撮影を続ける。

       

       帰りは谷下り。かなりドキドキ。

       

       見上げるとこんな感じ。雪崩れそうな天気に雪崩れそうな斜面を降りてゆくのは・・・(笑)。

       

       

      | 新潟・山 | 05:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
      佐久の花 純米吟醸無ろ過生原酒 spec d 佐久の花酒造
      0

         4月24日

         

         大陸からミサイルが飛んできそうなので、早々に退社し、まだ明るいうちから日本酒を嗜む。肉体労働者のよう(笑)。

         

         前回は純米ではない辛口吟醸を手にしたが、今回はこちらを。合わせるのは洋風の麺類。さて・・・。

         

         蛇の目がくっきり。爽やかな喉ごし。微発泡な舌触り、予想通り和風より洋風な食事に合うような気がする。女性受けする華やかな味でもある。気を抜いているとツルツルと飲んでしまう飲みやすさ。暑くなる中では、よく冷やすとよりスッキリさが増すだろう。

         

         

         

        | 長野・日本酒 | 06:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
        恵比寿屋さんへ 東御市
        0

           4月23日

           

           山を降り布引観音温泉へと行く途中に、有名店の恵比寿屋さんが在ったので立ち寄ってみる。ここは特異なシステムで、名前と車番を書いて待つ。車内で待っていると順番に呼びに来てくれるシステムだった。

           

           訪れた時も2台分の客が待っていた。なかなか長いので混んでいるのかと思ったのだが・・・。中に入ると、そうおおい座席数ではない。とても丁寧に調理しているのであった。だいたいで作るのが嫌なのだろう、すべて秤で計ってから調理している。麺も量を測ってから茹でているし、メンマもそうであった。きっちりしている。

           

           メニューはシンプル。ちゃーしゅーめんを頼む。客層は老齢な方が目立つ。

           

           丁寧に作られ出てきた一杯。太めの手打ち麺が澄んだスープに泳ぐ。最初、味が薄く感じたが、それが為だろう舌先が敏感になり旨味を味わうことになる。薄味の妙技とも言えよう。ショウガの効いた心地よいスープ。味もいいし、なにせ香りがいい。鼻腔をくすぐるとはこのことだろう。ラーメンでの手打ち麺は苦手であったが、ここの麺はほちゃほちゃとして美味しいものであった。

          | 長野・ラーメン | 06:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
          千曲川沿いの里山へ 上田市
          0

            4月23日

             

             前日の豪雪地帯から一転、うららかな里山に入る。しかし待っていたのは・・・。

             

             見よこの脆弱なリッジを幅100mm無い場所もある。こんな場所で蟻の戸渡が出来るとは思わなかった。帰路は滑落してしまった・・・。

             

             難苦。いばらの道でもあった。Tシャツで歩いていたら酷いことに・・・。

             

             とりあえず山頂に届く。

             

            | - | 06:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
            雪崩天国 南魚沼市
            0

               4月22日

               

               林道はトラバースの連続で疲労度過多。5キロほどの林道の8割はトラバース。もう一週でも遅く入ればよかった。

               

               そして雪崩個所が次々と現れる。このくらいはまだいいとして・・・。

               

               雪庇などが落ちたブロック雪崩の場所が多い。そこを通過するにも、周囲を気遣い精神的にも疲れる。

               

               進む先に大量の・・・邪悪な塊が見られる。

               

               一つが何トンあるのだろう。完全なるブロック雪崩で、直撃は即死であろう。

               

               危険な場所も多かったが、こんな自然美も見られた。「BORN TO BE WILD 」ならぬ「BONE TO BE WILD

               

               御神渡りのようで神々しい。

               

               ガスと雨のなかでの行脚だった・・・。

               

               

              | 新潟・山 | 06:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
              KATOKU
              0

                 敦賀港の色合いに見える。蓬莱町の市場のところじゃないのか・・・。

                | | 04:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
                あたごのまつ 純米吟醸ささら 新澤醸造店
                0

                   4月16日

                   

                   あの伯楽星の酒造メーカー。伯楽星が横綱なら、あたごのまつは大関の位置取り。限定純米吟醸から「ささら」と変わったと言う事で手にする。今回で3度目。七色のメタリカルなラベルが目立つ。中身も大事だが見た目も大事。そこにセンスが見える。

                   

                   さて味の方。さすが新澤さんと言うべき食中酒としての出来栄え。自己主張し過ぎず食材を楽しめ、それで居ながらお酒も楽しめる。軽さと酸味が心地よく、よく振るとそこに旨味が強めに出てくる。軽く飲むならそのまま。おかずを少なめにお酒を味わう場合は振ることで楽しめるだろう。新澤さんらしさのよく出ている作りであった。喉ごしがよく飲みやすい。

                  | 宮城・日本酒 | 05:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  麺屋蕪村 篠ノ井店さんへ 長野市
                  0

                     4月16日

                     

                     初めて蕪村さんを利用する。

                     

                     国道沿いの目立つ立地、昼時でありほぼ満席であった。ちゃーしゅーあごそば(930円)とちゃーしゅーあさりそば(1100円)、そして餃子を頼む。スタッフは7名見られたが、作るのは一人。味に対する拘りが見える。過不足ない接客の様子。券売機が無い営業形態も心地いい。

                     

                     まずあごだしから。濃い深いスープで旨味が凄い。やや濃すぎるぐらいに感じ、若者はストライクゾーンであろうが、もう少し薄くても美味しく食べられるような感じでもあった。麺は丸中太の固め。チャーシューは焼き豚風味の大ぶりなものが入る。最後の最後まで濃い旨味を楽しめる。

                     

                     こちらはあさり。とびうおの後だったのでどうかと思ったが、全く負けておらず、あごだし以上のうまみと濃さであった。凄いスープを作るもんだと思える。どれだけスープに力を入れているのかが、味から伺える。香りと旨味が凄い。これが蕪村か・・・と思わされた。

                     

                     餃子の数が変って・・・。一個食べました(笑)。普通に美味しい餃子。

                     

                     

                     

                    | 長野・ラーメン | 04:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    噴水をかけひに
                    0

                       4月15日

                       

                       噴水(ソーラー駆動)は見栄えはいいが、風があると水鉢の口径が小さい場合は写真のようになってしまう。風で流れて水鉢の中に回収できないので水が減ってしまうことに・・・。これに日々悩んでいた。毎朝水を足さねばならなく面倒だった・・・。(写真は、曇りなのであまり噴水が上がっていないですが・・・)

                       

                       そこでかけひにしてしまった。揚程が上がったので、それまでのバクテリアの増殖を考慮した赤玉土仕様から変更しポンプに負荷のかからないように考慮。以前はバクテリアによる水質を考慮していたってことなのですが、今度は流水により水の中に酸素が混じる。後になってメダカにどちらがいいのか聞いてみよう。

                       

                       竹を斜に切ってφ25の穴をあける。支柱はリューターで押し広げながらホースの曲がりに合わせ通す。ホース長はポンプの能力(ソーラー)を考慮し長すぎないよう配慮。いい感じに流れの音がするものに出来上がった。これで日々の水を足す作業から解放される。次は小さなししおどしでも作ろうかと・・・。

                       

                       

                      | ガーデニング | 06:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      | 1/60PAGES | >>