CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
伐採地再び
0

    2月17日

     

    山から戻り、また里山へ向かう。

     

     森林組合の方が切りやすいように並べておいてくれた。

     

     山主さんは、管理維持できなくなって伐採を頼んだらしい。この日も下草刈りをしていたが、持っていても大変と言っていた。間違いなくそうだろう。針葉樹を植林しても、切り出す手間賃が大きく、たいして収入にならないのが現実。山がお金にならない事が荒れている原因でもある。

     

     作業しやすいように林道に対し山手側に積んである。玉切りして転がし積み込むのがスムーズ。こんないい環境は作られないと無い。現地での移動距離が少なくて済む。

    | 薪・薪ストーヴ | 06:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
    もえぎ亭さんへ 筑北村
    0

       2月17日

       

       道の駅さかきた内にある。

       

       名物の豆腐が置いておらず入手できなかった。ちょっと早いがうどんをいただく。派手さは無く簡素ではあるが居心地のいい室内。配膳はセルフ。

       

       かき揚げうどん(680円)。よくこの手は食べ終わりが重い感じになるが、駅うどんのような感じで胃袋に心地いい作り。手打ち麺のエッジの立ち方が心地よく、独特の香りのスープが心地いい。そして合わないはずのないかき揚げがマッチする。長野道の流れを見ながら、その前の田園を散歩する人を見ながらうどんを啜る。

      | 長野・うどん | 06:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
      岩殿寺へ 筑北村
      0

         2月17日

         

         山旅のついでに岩殿寺に立ち寄る。そして立ち寄って良かった目を見張るものがあった。

         

         この石碑と石像の社の中に・・・。

         

         馬に乗ったこの形態の石像を見たのは初めて。微笑ましくもあり、よく見るとしっかり彫られている美品。立ち寄って良かった。

        | 長野・観光 | 06:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
        筑北の信仰の山へ 筑北村
        0

           2月17日

           

           中嶋画伯の絵図を参考にして入山してゆく。

           

           渡渉点で、間違えて獣のトレースに引っ張られ・・・。

           

           直下のこの岩場は、雪が乗り登ることが出来なかった。そして着地点が無く降りる事も出来なかった。

           

           雪が乗り、ピリッと辛い場所となっていた。

           

           ツクバネの種を見つけ、飛ばして楽しむ。自然な形状でありながら、飛行の安定性が素晴らしい。種から見てCWになるかCCWになるか知っている人は居るだろうか。自分でやって答えを見てみよう。

          | 長野・山 | 06:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
          結人 特別純米無濾過 柳澤酒造
          0

             2月15日

             

             上州の地場の酒を追ってみる。大前田栄五郎の出身地でもある粕川村の柳澤酒造さんのもの。前に桂川は飲んだので、今度はこちら。

             

             めでたい席に似合う一本。結納などにいいのかも。さて味。まずはそのまま蛇の目を浸す。辛口と言うより、それより前に酸味が出ている感じで、キュッと、キリっと、すっぱさが際立つ。次に振ってから飲んでみる。こちらの方がはるかに強くアミノ酸を感じるような旨味が出てきていた。冷やして飲んだのでこんな感じではあるが、燗がいいようだ。何か鍋料理を用意しよう。

             

             こういう酒が飲めるようになってきた。ガキの頃は飲めなかった。おっと、若い頃はと言い換えよう。

            | 群馬・日本酒 | 05:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
            捨てる神あれば、拾う天の邪鬼あり
            0

               2月12日

               

               某森林組合から片付け依頼の御声がかかり、喜んで出向いてくる。全てナラ材で、アクセスもいい場所。現場には、大量のナラ材が伐木されて転がる。ちょっと裕福になった気分になる不思議。しばらく通わねばならない・・・。

               総量は40トンくらいあるだろう。

               

               玉切りしてつまつまと運び出す。

               

               7時半から作業し、2往復してこの通り。無くなったと思ったら、また・・・。ナラ材だと、時速300kg〜400kg。それでも手割りなら速い方だろう。玉切りするチェーンソーの切れ味を楽しみ、次にスパッと割れる薪割りを楽しむ。こんなスカッとする趣味もないような。刃物の切れ味を楽しむ趣味でもある。研いで、砥いで、また磨いで。

              | 薪・薪ストーヴ | 17:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
              針葉樹もバンバン使う
              0

                2月11日

                 

                 今年は原木の入手に手古摺っており、いつもの貯木場にあまり置かれていない。しょうがないので、処理を頼まれていた杉を貰ってくる。1.5tくらいだろうと思う。3本分の量で、軽トラ過積載2杯分。

                 

                 樹木もいろいろあり、一概に杉だからと言っても比重は様々。これは西側斜面で育ったもので、成長が遅く詰まったもので、かなり重いもの。軽いものは間違いなく火持ちが悪いが、重い杉はまんざらでもない。ビフォー。

                 

                 ちょうど2時間で割り終える。時速750kg/1h。最近は3.5kgの斧が疲れることなく振り回せるようになった。継続は力なり。背筋強化になっている。

                 

                 ヤニ抜きに雨ざらしにしたいところではあるが、積んでしまう。

                 

                 この後、大量のナラ材譲渡の電話があった。もう少し待っていれば・・・。さらに夜、また別の里山整理の話が・・・やっぱり待っていた方が良かった。

                 

                 

                 

                | 薪・薪ストーヴ | 06:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
                芝焼き慣行
                0

                  2月10日

                   

                   山から戻り、芝焼きをする。この後は雨予報であり、最良のタイミング。でも、降らなかった・・・。

                   

                   一気に燃え広がる様は、楽しかったりする。

                   

                   跡が綺麗じゃないのですが・・・。春以降に綺麗にするためのひと手間。

                  | ガーデニング | 06:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  山梨百名山を絡め 笛吹市
                  0

                     2月10日

                     

                     甲州では雪が多いのか少ないのか、いや例年通りなのだろう。個人的にはそう感じる。

                     

                     南アルプスのやまなみ。

                     

                     天気が下降線。ちゃんと笠雲が知らせてくれていた。

                    | 山梨・山 | 06:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    Pride Of Lions
                    0

                       KEMURIの伊藤さんが参加している。これを聴いていると、寒い冬が終わり春めいてきている感じがする。音楽が脳に与える影響は大きい。

                      | | 06:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      ガソリンアレイ
                      0

                         日曜日の早朝、FMを聴いていたらこれが流れてきた。浅川マキさんと言う方の情報に乏しく調べると、美川町の出身と知る。そして金沢二水高校の卒業生。いろんなパフォーマンスの裏にはしっかりとした頭脳があったよう。

                        | | 06:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
                        百年味噌ラーメン マルキン本舗 高崎店さんへ 高崎市
                        0

                          2月3日

                           

                           マルキン本舗さんに立ち寄る。情報を持たず、帰路途中に在ったのでフラッと。そしてベーシックに百年味噌ラーメン(810円)を選択。カウンターからよく見える調理場で、そこに自信が読み取れる。3分で仕上がる。

                           

                           問答無用のスープ。終始旨味が感じられ、それがまた変化せず安定している。素晴らしい仕上がりの完成形。麺も食んで美味いと感じられる噛み応えも楽しめる麺で、それでいて喉ごしもいい。チャーシューは独自性を感じる仕上がりで、もしかしたらもう少し厚く柔らか系を使ったら、もっと評価が上がるかもしれない。ハズレの無い味噌なのだが、これは外さない側ではなく大当たり。美味しかった。

                          | 群馬・ラーメン | 16:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
                          桐生の里山へ 桐生市
                          0

                            2月3日

                             

                             週末降雪の後、峠越えのリスクを考慮し関東平野側へと動いて里山を楽しむ。

                             

                             日頃の低山が、里山がしっかり雪山となり楽しめる。

                             

                             月食の後、けっこうな見栄えであった。

                             

                             桐生市街を見下ろしながら雪と戯れ登ったり下ったり。

                            | 群馬・山 | 16:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
                            望遠鏡の無い家の月食観察
                            0

                               1月31日

                               

                               肉眼ではブレて定まらない。カメラのレンズ頼みの月食観察だった。

                               

                               月をこれだけアップにしたのも久しぶり。

                               

                               ここまでズーム出来るカメラが無かったとも言える。

                               

                               時折窓を開けたのだが、やはり寒い二重サッシごしに撮っている。月食とは、欠けだした瞬間からと思っていたが、NHKの伝え方では、完全に陰になったタイミングを言っていた。

                               

                               赤銅色が見える。

                               

                               こんな時でないと見られない表情と言うが、春にもっと赤い月を見ることがある。

                               

                               あまり暗いとカメラが対象物と認識しなくなるようで焦点があってこないよう。まあ肉眼で見るよりはかなりましで、じゅうぶん月食を楽しめた。温かい室内から・・・。

                              | その他 | 06:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
                              萬歳楽 純米初しぼり 小堀酒造
                              0

                                 1月29日

                                 

                                 石川門と言う地場の酒米を使っている。スッキリとした辛口。その辛口の酸度が前に出ている感じ。久しぶりにすき焼きをし食中酒にする。名わき役であり、存在感がある。記憶に残っているのでいつもの事なのだが、小堀さんの酒ってことで旧鶴来町の田園風景が思い起こされる。そしてあのCMのフレーズを口ずさんでしまう♪

                                | 石川・日本酒 | 05:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
                                べた慣れを目指して・・・。
                                0

                                   だいぶ慣れてきた。もうちょっと。黄色い方はステップアップしてくれるが、緑の方は手にさえも乗ってくれなかった最初。鳥と向かい合うには気長さが必要。そして黄色い方の噛み癖が修正できたので一安心。緑の方は一定距離を保っているので噛むことは一切ない。各々の性格があり、上手くコントロールして距離が近くなるのが楽しかったりする。

                                   

                                   どうにも肩が居心地いいらしい。

                                  | 愛玩動物 | 04:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
                                  俺のそばさんへ 高崎市
                                  0

                                    1月28日

                                     

                                     気になっていた蕎麦屋さんへ。あんたの・・・ではなく俺の蕎麦。店主の主張が見える。俺の作り出す蕎麦ってことになる。駐車場は横に3台。2分ほど離れた場所にもう3台分ほどある。

                                     

                                     間違いなく創作蕎麦屋さんのようで、見慣れない名前が並ぶ。鶏のつけ蕎麦ともり蕎麦、ミニカツ丼を頼む。

                                     

                                     スタンダードなこちらで本筋を探る。つゆは甘めの提供。もう少しビターな感じが好みだが、俺の蕎麦だから・・・。

                                     

                                     そしてこちら。ラー油とコショウが入るので、辛い状態が続く。蕎麦の素材の味はぼんやりとしてしまっている。ただし食べたことのない味に、ちょっと楽しかったりする。カツ丼は、ソースカツ丼であるが和風な仕上がりで美味しいものであった。俺のそば堪能。

                                     

                                     

                                    | 群馬・そば | 07:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
                                    きよしや食堂さんへ 下仁田町
                                    0

                                       1月27日

                                       

                                       

                                       上野村の藤屋さんに行ったが、季節柄やっていなかった。下仁田まで戻りきよしや食堂さんで昼食。バナナマンの日村さんが訪れたせいだろうか、ジモティーに加え、観光客や初めての方が多い。忙しい店内では、あえて注文を取らないので新参の人がもじもじしている。定番のラーメンセット(850円)を頼む。相席で、座敷の配膳はセルフ。片付けも下膳ラックに戻さねばならない。

                                       

                                       この内容で850円。過不足ない味で無難に美味しい。柔らかく叩かれた仕上がりのカツ。ごはんは少し水分量が多い感じだが、素材の旨味が出ていた。ラーメンは中華そば風で安心できる一杯。食べて満足できるセットメニュー。そして出てくるのが速い。3分ほどで出てきた。回転の良さからだろう。

                                       

                                       

                                      | 群馬・ラーメン | 08:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
                                      大雪の後は西上州がちょうどいい 上野村
                                      0

                                         1月27日

                                         

                                         前週もつつじの山だった。今週も・・・咲いてもないのに。

                                         

                                         山頂付近のロープ場のほとんどで、悪い場所になっていて神経を使った。

                                         

                                         降りてきた場所。

                                         

                                         山頂からの下降点。クズクズ・・・。

                                         

                                         でも、この展望。大海原のよう。

                                         

                                         両神の鋸歯!!

                                        | 群馬・山 | 07:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
                                        巌 純米 壱回火入れ原酒 高井酒造
                                        0

                                           1月23日

                                           

                                           正月にそれ用に選んだ特別の御誂えを5本空けたが、味の記憶がどれがどれだか分からなくなり記録は無し。毎年の事だから、今年に始まった事ではない。

                                           

                                           

                                           地場上州のお酒。マニアの中では春画ラベルで有名な高井酒造さんの作品。ラベルが少し先行して人気ではあるが、しっかり中身も追従している。辛口のきりっとした味わいで甘ったるさがほとんどない。だからこその飽きの来ない味。だからって薄っぺらな味ではなく、ふくよかなお米の風合いがしっかりと感じられる。鍋料理を突きながら嗜む。男気があり和風な感じ。味わうと、ネーミングが合っていることが判る。

                                          | 群馬・日本酒 | 06:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
                                          | 1/42PAGES | >>