CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
泉ヶ岳へ 仙台市泉区
0

     9月17日

     

     朝から雨。台風が近づいてくることもあり中止にしようと思ったが、ここを訪れたのは2度目、突っ込んでゆく。

     

     まあ水神の場所であり、雨が似合う場所なのですが・・・。

     

     展望は無く、こんな日はケルンの並びがルートを示す。

     

     これは前日に食べるべきだったか・・・。

     

     前日に続き薄色のオヤマリンドウ。白花ではないですが・・・。

     

     この泥濘地でストックのポイントプロテクターを取られてしまった。帰路も通り探してみたが、でてくるはずもなし。埋没。いくつ埋没している事だろう。私だけじゃないはず。

     

     

    | 宮城・山 | 09:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
    ラーメン天狗山総本家さんへ 川崎町
    0

       9月16日

       

       キャンプ道具を揃えており、夕飯は野外でと思っていたが、冷たい雨となってしまい外食とした。味噌ラーメンの名店に立ち寄る。

       

       価格は税抜き。人気No.1を注文する。

       

       味噌ラーメン950円。レンゲに辛みそが乗る。ベースとなるスープがやたら美味しく、さらに辛みそも味が深い。並々とスープがあり、その中に多加水麺が泳ぐ。この麺も食んで美味い。外気温は15℃。涼やかになった中での至福の一杯であった。そうそうマッシュルームの歯応えが楽しかったりする。

      | 宮城・ラーメン | 09:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
      南蔵王を徘徊 蔵王町・白石市
      0

         9月16日

         

         台風直撃の日本列島。様子をうかがっていた中で、少し鈍足になったのを見て東北へと逃げて山を楽しむ。

         

         夜明けから1時間ほどは展望が楽しめた。

         

         7時半くらいからガスが上がってきて、日中はガスの中となった。そして夕刻からは雨。

         

         前烏帽子と後烏帽子との間にはオヤマリンドウの白花が一株見られた。ラッキー!!

         

         地元の有名人なのか、裸足にビーチサンダルで山を駆けていた。2度すれ違ったので、長老湖側から登り熊野岳を往復したと思われる。怪我をしたことは無いのだろうか。鍛えると皮膚も強くなり怪我をしにくくなるのかも。それでもって話もありますが・・・。

         

         

         

        | 宮城・山 | 08:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
        ソンゲントジユウ
        0

          吉野さんはデビューからずっとシャウトし続けている。なかなかこのようには出来ないし相当のパワーを必要とする。出演した下司さんはツイッターでこのように表現している。http://dorotai.com/dtl/ ただ叫んでいるようにしか聞こえない人も居るだろう。居ていいと思う。それでも同じものを聞いて、このように聞こえる人が居るってことを知っていないと生きる世界が狭くなってしまう。

           

          そしてhttp://hadashino-ongakusha.jp/ 吉野さんは下司さんをこのように表現している。死の縁を漂った吉野さんは、他人よりいろんなものが見え感じられるのだろう。

          | | 05:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
          三陸広田湾牡蠣のスタウト いわて蔵ビール
          0

            9月10日

             

             牡蠣と牡蠣貝の入ったスタウトビール。ビールはビールと思っていたが、私にはストライクゾーンど真ん中で、旨味のよく出たいい作品であった。泡もクリーミーで、スタウトのなかのスタウトって感じ。

             

             長崎より届いたマグロとあわせる。

             

            | 岩手・酒 | 04:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
            三河湾より大あさりが届く
            0

               9月10日

               

               息子が大あさりを贈ってきたので、すぐさま捌く。

               

               本名はウチムラサキ貝。大あさりとは言い得ている。

               

               中央に包丁を入れてから貝柱を外す。そして洗うのだが、洗わないと石を含んでいるものも多い。

               

               下準備完了。タレはまぐろのづけ丼用を流用。

               

               七輪で焼く。

               

               焼く。西上州に磯の香りを振り撒く(笑)。普通にビールが進む。あ〜美味い!!

               

               殻は砕いて鶏に・・・すべてをいただく(笑)。

              | 愛知・食 | 04:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
              棚下不動の滝へ 渋川市
              0

                9月10日

                 

                 ここは百選の滝。

                 

                 ただし入山口となる場所は観光地としてはちょっと寂れた感じがある。派手さが無い。

                 

                 不動尊下には綺麗なトイレと休憩舎がある。

                 

                 不動尊から見る不動の滝。この時までは、まあ普通の滝と遠望していた。ところが・・・。

                 

                 現地入りすると、素晴らしい滝であり、裏見の滝。

                 

                 滝のバックヤードと言うか、そこに入ると滝の音が戦闘機のエンジンのようにも聞こえる場所がある。

                 

                 落ち口。飛沫が美しい。

                 

                 裏見。

                 

                 滝下は、さながら自然のクーラーであり心地よかった。暑い時期に最良の場所。少し足場の悪いところがあるので、サンダルだと少し心許なかった。こんないい場所だったとは・・・。

                 

                 写経したような紙を焼いている風景があった。

                 

                 本殿と滝下の両岸にこれらが供えられていた。彼らが供えたよう。きっちりとした信心。和の心。

                 

                | 群馬・観光・食 | 04:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
                綾戸簗さんへ 渋川市
                0

                  9月10日

                   

                   17号を通る人で、ここを見ていない人は居ないだろう。私もその前を何度も通過してきていたが、利用したことが無く、この夏の終わりの日にふと寄ってみたくなり利用する。

                   

                   これだけ堅牢な造りの場所も珍しい。これまで見てきた簗の中で最強かも(あくまでも私の体験上)。

                   

                   今は流れは緩やかで小川のよう。

                   

                   それでもかかっている。3匹ほど見られた。

                   

                   海の家のような雰囲気。これもまた日本らしい風情がある。

                   

                   注文するのだが、そこから全てがスタートなので30〜40分かかる。利用している大半は予約して利用していたので、そう待たずに食べていた。

                   

                   暑い日に、この焼き手の人は偉いと思えた。立てかけた炭は長く独特で綺麗。

                   

                   まず造りから。甘く美味。そしてしばらくパクパクとしている鮮度。

                   

                   次に塩焼き。子持ちであった。ほろ苦い内蔵と淡白な身が美味い。最良の状態で提供してくれている。

                   

                   二人の利用で5千円程。やや単価が高いが、雰囲気のある施設利用料と、簗の景観料と、そして新鮮料と思うと納得となる。簗など何十年ぶりだったか・・・。たまにはいい。

                   

                  | 群馬・観光・食 | 04:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  支那そば やまき 正月屋分店さんへ 二本松市
                  0

                     9月9日

                     

                     福島と言えば喜多方ラーメンだが、この日は二本松市の有名店に出向く。

                     

                     出向いたのは11:30。このタイミングで既に店内に立ち待ちで外に並ぶ。それでも女性スタッフが人数を聞いてくれ、気にしてくれることがありがたい。店によっては気にせずいるところもある。その点ではよく客商売をしている。そして立ち待ちの時点で注文も取ってゆく。

                     

                     支那そばを選ぶ。このメニューが全てではなく裏面もある。

                     

                     優しい味のラーメンで、私にはやや麺が柔らかいように思えた。もう少しコシのある麺の方が好みだが、ここは好みの問題。老齢な人であればストライクゾーンだと思う。スープは優しい味で、最後まで啜っても飽きがこなかった。この店の売りはラーメンであるのは当然だが、もう一つチャーシューにも注力しているようで、かなり美味い。周囲は炙ってあるが、内側は生風味で、とても肉の味がいい。これであればトッピングで増やせばよかったと思えた。周囲ではチャーシュー丼を頼んでいる姿が多かった。そういう事かと頷けた。

                     

                     狭い住宅地内で営業している。駐車場は広く店内の収容人数に見合った駐車場のようであった。優しい実直そうな店主で、料理風景はとても丁寧。奥さんなのだろう配膳や受注を担当する女性も丁寧。割烹を訪れたような空気感があった。

                    | 福島・ラーメン | 07:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    福島で桃 福島市
                    0

                       9月9日

                       

                       毎年欠かさず行っている所がある。たまたまが恒例になって続いている。道の駅つちゆで硬い桃を買う事。

                       

                       出向くといつものお母さんが居る。

                       

                      「姉さん、硬い桃ある?」 

                      「もうないよ時期が遅いから、いま白桃の時期だから」

                      「でも硬いの選んでやるから 大きいのがいい、小さいのがいい、小さいの6つぐらい入れてやるね」

                      「有難うございます」

                       

                       6個を1000円で買ってきて、3時間ほど冷やして食べてみる。甘美!! 硬くて美味い。柿も林檎も桃もそうだが、歯応えのある堅いものを好む。

                      | 福島・観光 | 06:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      幕滝へ 福島市
                      0

                         9月9日

                         

                         幕滝を観瀑する。周囲の岩壁がオーバーハングしており、自然に包み込まれたような空間に一筋の滝が流れ落ちている。

                         

                         観瀑台が作られ、行政により観光地化された場所なのだが・・・だが。

                         

                         滝つぼ

                         

                         その経路はかなり危険がある。落石直撃か。折れているだけならいいが、夜露や朝露で滑る。当然雨の日はかなり危険。

                         

                         ここのへつるような場所も、往路の登りはいいのですが、帰りは岩登りの技術が無いと厳しい。右岸の岩壁をホールドに指を入れながら制動するようにして下った。慣れない人は、たぶん滑ってドボン。

                         

                         倒木をまるまる一本使った木橋。これは珍しい。

                         

                         

                        | 福島・観光 | 06:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
                        黒帯 悠々 特別純米 福光屋
                        0

                           9月3日

                           

                           福光屋さんと言えば宵待ち草。値段も手ごろで若造には買いやすく飲みやすいお酒であった。しかし今は無い。途中一度復刻したようですが、その後を知らない。20代の頃によく飲んだ日本酒。

                           

                           

                          その福光屋さんの黒帯を飲む。特異な醸造方法をしているようで、異種の酒米を併せたとのこと、大吟醸の仕様も加わっている。

                           

                           酒らしい玄人好みの味。ただしそれが強すぎず適度に口の中に広がり、その後に吟醸香とキレを感じる飲み口。おそらくこれを若い頃に飲んだら、そう飲めなかったかもしれない。未成年時代、父親の日本酒を盗み飲みし、その酒らしい大人な味に驚いたことがあったが、その当時を思い出させるよな味でもあった。

                           

                           熊本から馬刺しが届いたので合わせてみる。う〜ん、酒が美味い、馬刺しが美味い。どちらも相乗効果。冷で飲んでいるが、次は燗にしてみよう。

                           

                           

                          | 石川・日本酒 | 05:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
                          古久家さんへ 前橋市
                          0

                            9月3日

                             

                             赤城山麓の蕎麦街道にある有名店。古民家風の作りが居心地のいい店内。メニューから古久家(合い盛りと天ぷら)とカレー蕎麦を頼む。カレー蕎麦とはかなりのチャレンジ。邪道とは思うが、食べて判断したかった。周囲ではカレーのメニューを食べている人が多かった。

                             

                             そばつゆの代わりにカレー。ちょっとビターな仕上がりで辛さも相応にある。蕎麦をつけての印象は、蕎麦の美味しさがカレーの強さに封印されてしまいちょっと勿体ないものになってしまっていた。ただし、合い盛りのうどんを入れたらかなり美味しく食べられた。カレーに合うのは蕎麦ではなくうどんであるよう。でもでも、特異性があり楽しいメニュー。

                             

                             こちらは安心して美味しく食べられた。そばつゆの味も良く、蕎麦の風味が引き立つ感じがあった。普通に、いや普通以上に美味しく感じた。カレーでは感じられなかった喉ごしが、こちらではしっかり感じられた。

                            | 群馬・そば | 17:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
                            徳永農園さんへ 前橋市
                            0

                               9月3日

                               

                               焼きとうもろこし専門店。シーズン最後、驚くほどの客が集い、330円の焼きとうもろこしを一本手に入れるのに20〜30分待ちとなっていた。

                               

                               とうもろこしだけで、これほどに賑わっている店を見たことが無い。片品村のとうもろこし街道にしてもここまでではないだろう。

                              | 群馬・観光・食 | 17:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
                              加子母スカイウェーは自然に戻る 中津川市
                              0

                                9月2日

                                 

                                 道が辿れると思ったが、現地でびっくりした。

                                 

                                 全くない。在っただろうけど、完全に自然に戻っていた。自然の強さを感じる。

                                 

                                 2m以上になった笹を分けて進む。全く予想しないで出向いたので、装備や恰好が・・・。

                                 

                                 時折は道形の様子が判るが、全体を思うと無いに等しい感じ。

                                 

                                 何とか頑張って到達。もう1座の予定であったが、時間が読めなくなったためにここまで。笹により傷だらけになって戻ってきた。

                                | - | 07:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
                                | 1/48PAGES | >>