CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< December 2016 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
釜めしの入れ物は、使える
0

     12月4日

     

     おぎの屋の釜めしの入れ物は、愛らしく取っておく人は多いだろうが、使う人は少ないと聞く。ごはんも炊けるし調理ができるのだが、調理器と言うより入れ物の大きさなので使われないのだろう。

     昨晩、ちょっと使ってみる。久しぶりに燗酒を飲もうと思ったが、徳利がすべて処分されており、慌てて100円ショップで手に入れる。言わないと100円と判らないだろう(笑)。

     

     木綿豆腐を入れ、白しめじと乾燥シイタケで味を出すようにし、ベースは永谷園のお吸い物。ストーヴの上で10分ほどぐつぐつやって出来上がり。この円形の中に箸を突っ込んでいると、それだけで美味しく感じるから不思議。釜めしの入れ物の魔力。独り飯にちょうどいい。

     

    | その他 | 06:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
    そば処 倉乃さんへ 上田市
    0

      12月4日

       

       この日は倉乃さんを利用する。いつも混んでおり、並んでいる姿も見る場所。店内は、植栽が良く工夫され、ディスプレイされるいろいろが楽しい。小庭には給餌台が置かれ野鳥を招いていた。メニューから十割蕎麦(1000円)に蕎麦さし、季節の天ぷら(500円)を頼む。

       

       すぐにつき出しに蕎麦を揚げたものが出てくる。

       

       そして追うように天ぷらが熱々の揚げたてで出てくる。珍しいリンゴの天ぷらも含まれ美味しさと楽しさがある。

       

       すべてに速い。蕎麦の刺身もサッと出てくる。わさび醤油で楽しく味わう。こんな形態は初めて。

       

       そして十割蕎麦。完全なる田舎風。のど越しを楽しむには、少し長さが無いものの、それがまた十割らしさでもあり、風味がよく感じられる。ここまでが出るのに7分。他にたくさんお客がいる中で、その速さに驚く。

       

       田舎風の太さがあるが、しっかり冷水でさらされ仕事きっちり。それがこの艶々した絵からも判るだろう。

       

       長らく蕎麦を食べてきたが、蕎麦湯にかき回すものがついてきたのは初体験。ここまでの配慮をする店側に拍手。いつも、沈殿する蕎麦湯に苦慮してかき混ぜていたが、ここではその道具が付いてくる。

       

       センスと配慮と、速さと味と安さと、色々が備わっているお店であった。混む店の正体を知る。

      | 長野・そば | 06:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
      手打ちらーめん はやぶささんへ 高崎市
      0

         11月30日

         

         以前は居酒屋だったであろう店構え、中に入るとしっぽりとした雰囲気があり、そこに軽快なBGMがかかっている。昼時なのでセットメニューがお得のようであったが、ここはシンプルにラーメン(630円)を頼む。スタッフは調理する男性一人に、女性二人。上州らしく、うち一人の女性がかかあ天下的に店を仕切っているように見えた。

         

         

         4分で仕上がる。手打ちは苦手とこれまで書いてきたが、この乱れ打ち的な不揃いの麵には好感が持て、ほちゃほちゃとして美味しい。そして肝心のスープであるが、余分なものが無くシンプルが美味しいと思える。最後の一滴まで啜れるスープ。いろんなラーメンが多くなると、こんな作品にホッとしてしまう。また寄ろう、そんな気になる。

        | 群馬・ラーメン | 06:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
        No.6 R−type 生酒 新政酒造
        0

           11月26日

           

           開栓時、シュワッとした発泡感が楽しめ、心地いい酸味が広がる。問答無用の飲みやすさ、ワイン調な仕上がりで、グビグビと飲めてしまい、一人で四合瓶が空になりそうなほどに・・・。間違いなく若者受けする味であり、外国人にもそうであろう。

           

           しかし私の今は、アルコールを摂取すると左半身の痛みも増すので、大きな戦いがあった。飲みたい気持ちと痛みを強くしたくない気持ち。結果は、美味しさが勝り強い痛みに耐えねばならなかった。

           

           透明感があり浸透水のよう。

           いただいた香箱蟹を食べながら・・・。酒が美味しく蟹が美味しく・・・。

           

           そんな飲んだり食べたりを、彼は見ている。

           

          | 秋田・日本酒 | 05:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
          珍達そば横瀬店さんへ 横瀬町
          0

            11月26日

             

             有名店の珍達そばさんの暖簾をくぐる。愛想のいい客商売に徹した店主が出迎えてくれる。珍達そばの並盛(700円)を頼みしばし待つ。11時の開店と同時に入ったのだが、みるみる来客でいっぱいになった。客層は50台以上がほとんど。根づいた味と言う事か・・・。

             

             4分で配膳される。まず最初に「こうきたか」と思えた。これは、諏訪市のハルピンラーメンでも思ったことなのですが、その独特さにそう感じてしまった。独特のスープ、そこに極細麺が泳ぐ。ネギがアクセントとなり、食感は心地いい。癖になる味と言うのが初体験から判る。これが、珍達そばか・・・秩父祭りのある来月の寒い時期には、湯気を絡ませよりおいしく食べられるのだろう。。

            | 埼玉・ラーメン | 05:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
            奥武蔵の里山へ 飯能市
            0

               11月26日

               

               車で現地に向かう時に痛みが強くなり、引き返そうと思ったが、そのまま決行。ほとんど根性(笑)。

               

               標高600m付近、武甲国境は真っ白になり、この里山でも40mmほど先日の雪が残っていた。

               

               ヤキソバパンを翳し本日の満足度を上げる。冬季になるほどにヤキソバパンが美味しい。白湯との相性は抜群。

               

               もっと歩けますように、と金のわらじを拝む。

               

               今年は骨折やらヘルニアやら、来年はいいことがありますようにと大黒天を参拝。

               

               もう、お釈迦様にもお願いする。

               

               薬で騙しているこの身体、癒えるのはいつのなるのやら。薬が4時間ほどしか効かない。もっと量を増やせばいいのですが、神経の痛みを和らげている薬なので、いろんな感覚が鈍感になっており、非常にセンシティブでない自分が判る。

               

               

              | 埼玉・山 | 04:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
              加能ガニ到着!!
              0

                11月24日

                 

                 11月6日にカニ漁が解禁になり、さっそく金沢から旬の味覚が届く。

                 

                 ダッジオーブンに薄くオリーブオイルを塗り、味を封じ込めるように蓋をして焼き上げる。蒸し焼き上げると言った方がいいか。海産物とオリーブオイルの相性のいいことは言うまでもなく、仕上がりにほんのりと甘い香りが乗り、この調理法は病みつきになっている。麦ジュースをあおり、葡萄ジュースも少々。まだ闘病中でありアルコールは適量に。外は降雪の景色、空は星空、暖かい室内でTシャツになってカニにむさぼりつく。至福・・・。

                | その他 | 06:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
                特別純米 あたごのまつ 新澤醸造
                0

                  11月15日

                   伯楽星が東を陣取るなら、あたごのまつが西を陣取る感じの新澤醸造さん。久しぶりにあたごのまつを選ぶ。究極の食中酒を目指している酒造所だけあって、一貫してその醸す努力が味に出ている。前に出すぎず下がりすぎず、素晴らしい日本人好みの位置取り。なければ寂しいし、それでいて目立ちすぎない。この空気感が美味しい。伯楽星の純米より、よりさわやかな印象を持った。

                  | 宮城・日本酒 | 06:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  続玉切り そして冬タイヤに交換
                  0

                     11月23日

                     

                     勤労感謝の日には、その日頃よりもっと働いてやる!!(笑)

                     

                     午前中はチェーンソーをふるって玉切り作業。ゴン太の桜を積んで戻ってきた。ヘルニアネックには酷と思えるが、筋肉の使い方を考えても、首には負荷はかかっていないと判断。少々は影響はあるでしょうが・・・。ひと玉が40kgほど。これを40mほど移動して積むのだが、いいトレーニングとなる。ジムに行くお金がないので、日々の生活の中で鍛えることをする。

                     

                     そして午後からは4台分のタイヤ交換。薬を飲んでいてボーっとしていたのか、回転方向が指定されているタイヤを無視してローテーションさせ取り付け、事実上は5台分交換した感じ。交換にはタイヤリフターを購入し使ってみた。大型タイヤの場合は至極省力でき楽であった。費用対効果十分。翌日の腰の痛みがゼロ。ここが一番よかった部分。

                     

                     怪我をしている時こそどんどん動く。動いて治す(←自分の場合)。ちょっとやりすぎたのでどうかとは思いましたが(汗)。作業はしたものの左腕に全く力が入らない。西洋医学より東洋医学に頼る方がいいのかもしれない。首の患部もそうだが、腕の各所でいろいろが詰まってしまっている感じがする。しびれや冷感はそういうことからだろうと思える。動かないともっと血流が悪くなってしまう。

                     

                     

                    | その他 | 05:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    特別純米 真田六文銭 山三酒造
                    0

                       11月22日

                       

                       真田でのミーティング時に頂いたお酒。

                       

                       男気のある辛口の純米酒。昔、小学生の頃に、興味半分で家の一升瓶を傾け盗み飲みしたことがある。その時の味を思い出させてくれた。玄人好みの味とも言える。華やかな味ばかりを楽しんでいると、かえってこちらの味の方が新鮮の感じる。体調不全で、舐める程度・・・。

                      | 長野・日本酒 | 04:39 | comments(2) | trackbacks(0) |
                      | 1/51PAGES | >>